So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

そして、前へ・・・ [生活雑記]

ご無沙汰しております

今日は七夕です・・・そして亡くなられたお友達の49日でもあります。

亡くなられた日から、この49日までの間に、さまざまな事がありました。相変わらず私は怒涛の日々を送っていたのですが、不思議な事が次々に起こり、現在に至ります・・・・

父は相変わらず精神病院へ入院しているのですが、退院したら絶対に実家に帰る・・・と言い張っていました。

しかし、状況から判断して、老夫婦二人での生活はもう限界であることは明らか・・・どうしたらいいのだろう・・・という状況のなかで、お友達が亡くなりました・・・・

我が家の住む地区に売り地というのがめったに出ないのですが、お友達が亡くなった日に、売り地の情報が奇跡的にネットにアップされました。内野小学校のすぐ近く、我が家からもすぐ・・・しかも、6人で住むに十分広く、あり得ないぐらい安い坪単価の設定で売りに出たのです

私はすぐに不動産業者に連絡を入れ、父のところへ土地の情報を持って行きました・・・すると、父が「そこにみんなで住むために新しい家を建てるのなら、新潟にいてもいいよ・・・」と言ってくれるではありませんか!!

あんなに固執していた、実家を手放すというのだ・・・・さらに、「茨城で住むのは難しいけどどうしようか・・・って心配しすぎて、精神病になった・・・新潟にいるって決めたら、すっと心が軽くなったよ・・・・」と言うのです

あっという間に土地の契約が住み、上ものの家をどうするか・・・という段階になって、亡くなったお友達がずっと「夢ハウスさんでリフォームするのが夢・・・」って言っていたのがずっと頭の中に残っていたので、すぐに夢ハウスに連絡をとる・・・この段階でどこのモデルハウスも見ていない私・・・見る余裕もない・・・

ところが、無垢材をふんだんに使ってくれる夢ハウスは、どう考えても予算オーバー・・・・ってか、思いもかけず、家を建てることになったから、お金が無いんです・・・・マジない・・・

両親の家を売ればそれなりに資金の援助はしてもらえるだろうが、市街化調整区域に建っている両親の家は売るのがものすごく大変で、資金的には当てには出来ないのです・・・・

夢ハウス・・・ものすごくいいけど、やっぱり無理なのだろうか・・・・って思っていたところ、夢ハウスが1年前から販売しだした規格住宅「郷の家」の図面の見るチャンスがあった・・・・40坪タイプ・・・もしかしたら、これを上手く利用すると、予算内でなんとかなるかもしれない・・・・

すぐにツレと母をつれて新発田にある「郷の家」のモデルハウスへ・・・・

これだ!これしかない!!・・・って確信を得て、すぐに夢ハウスの担当の方に連絡する・・・・そして、あっという間に「郷の家」なんだけど我が家仕様の図面が出来上がって(仕切りを増やしたりした)、あっという間に契約を済ませました・・・・9月に着工して、12月に入居・・・お友達が亡くなってから、49日までの間に、土地の購入から上ものの契約、そして、実家はとっても良い不動産業者さんとめぐり合い、家の中の片づけから、清掃、販売までお願いする事ができたのです。

もう、これは私の事をとても心配してくれたお友達が49日で、お釈迦様のところへ行ってしまう前に、大急ぎで仕組んでくれたとしか言いようがありません・・・・

さらに、お友達は佐渡の出身なのですが、ある時、佐渡のお友達のおかあさんから連絡があり、49日の法要へ佐渡へ来ませんか・・・と言われたのです・・・

私はぜひ、行ってみたかったし、我が家のお家の報告も仏前にしたかったので、1も2もなくOKし、私とひまわりさん、ちょうさん、中さんの4人で佐渡の49日の法要へ行ってきました・・・・

 

続きを読む


ほんとうに、ほんとうに残念です・・・・ [生活雑記]

このブログを立ち上げるきっかけをくれたお友達が

本日昼ごろに他界いたしました。

 

とても悲しいです。

 

今日は、親しくしていた仲間と、ご自宅にもどられた友人に会いに行くことができました。バラバラだった私たちを、友人の病気が再びいっしょにまとまるきっかけをくれました。

 

本当に状態が悪化したのが昨日夜遅く、そして、あっけなく43歳の生涯を閉じでしまいました・・・

 

しばらくブログはお休みします

 

そして、おそらく、最後のご報告の後、このブログを閉じることになると思います

 


休みの日には何かが起こる・・・ [生活雑記]

病気療養中のお友達のお家の方と電話で話をしました・・・あまり状況は良くなっていないようで、ほんとうに心配です・・・少しでも回復してくれるのを、祈っています・・・

会いに行ったり、メールをしたりするのは控えていますが・・・状況がわからないってのが、ますます心配に拍車をかけます・・・

時々お家の方にお話を聞いてみたいと思っています

 

今日から職場が試験のために、非常勤講師の私はお休みになりました。

はぁ~~やっとちょっとゆっくりできる・・・

そう思うと、さまざまなことが、まるで待ってました・・・っていうほど起こるのだ・・・なんでだ??

まず、朝起きたら、顔がむくんでいる・・・昨晩早く寝たはずなのに、嫌な予感・・・・

疲れがたまると、アレルギーのために目の周りがお岩さんのように腫れあがる私・・・

うっすらと目の周りが腫れている・・・悪化すると大変な状態になるので、朝は化粧もせず、コンタクトも入れず、とにかく触らずにすごす・・・

まぁ、父の病院へ行くぐらいすっぴんで行っても大丈夫だよね~~

父の状況はあまり良くなかった・・・まず、入れ歯をつけている歯茎に口内炎ができて、痛くて入れ歯ができない・・・だからご飯が食べられない・・・

しんどいからテレビも見ないし、新聞も見出ししか見ないそうな・・・・

父は両耳にイヤホンをつけるタイプの補聴器をしている(まぁ、ちょっと大きめのiPotみたいなものだ・・・)のだが、機械の部分をいつもは首にかけている・・その紐が病院では使用禁止なので、ポケット付きの服のときは機械の部分をポケットに入れている

ところが、ポケットのない服のときにとても不便だ・・・なんとかならないか・・・と前の面会の時に言われたので、私のかばんの中をひっかきまわして、なにかないか・・・って探したら、髪の毛を縛るシュシュが出てきた

それを手首にひっかけて、補聴器を付けることにしたのだが・・・

今日、父の手を見たら、びっくりしたことに、ビーズ細工に、補聴器がついていた・・・

父の手芸.jpg

これどうしたの?って聞いたら、自分で作った・・・っていう・・・看護学生たちが今実習に来ているのだが、その生徒さん達が作業療法の一環として父に作らせてくれたらしい・・・

続きを読む


内野三川源流 親子巡礼 [息子ネタ]

いいお天気で、暑いぐらいの日になりましたね

今日はかろうじてタンスの中にあった、半袖を着て出帰ることができました

お天気がいいと、ほんとうに気持ちがいいですね~~

 

病気療養中のお友達の調子はどうかしら・・・メールも読むのしんどいかもしれないと思い、メールもひかえています。

治療が昨日から始まっているのも心配です・・・少しでも痛みがなくなるといいのですけど…

 

仕事が忙しくなるし、おじいちゃんおばあちゃんの世話で大変だから・・・ということで、子供たちも自力で朝ごはんを作っている状態なんだけど・・・・

息子が要求するシリアルのヘリがバカみたいに早い・・・・どんだけ食べるんだ~~~っていうぐらい食う

チョコパフィ.jpg見るだけでも気持ち悪くなりそう・・・・息子の山もりのチョコパフィ・・・・牛乳と比べてください・・・この大量さ・・・・

しかも、これだけじゃ足りないから・・・と言って、最近はさらにパンを食べ、ニンジン・リンゴジュースを飲んでいく・・・どんだけ~~~

この食欲の塊のような息子、最近もくろんでいることは、学校の昼食の時にどうにかして「うどん」を持参できないか・・・ということらしい・・・

うどんをゆでて、タッパーにいれて、汁を水筒に入れていったらどうだろう・・・と言い出したので、即却下しておいた・・・

なんでだかしらないけど、息子は時々わけのわからないことに固執する・・・こやつ、いつか絶対に弁当にうどんを持参するだろうな・・・と思う・・・

まったく・・・・

 

先週の土曜日、中学校では「内野三川(うちのさんせん)源流親子巡礼」というとてつもなく大変なウォーキングのだった・・・

内野地区を流れる3つの川、新川、広通り川、西川の源流を訪ねる・・・っていうものだった・・・・

実は昨年これをPTA行事として実施させようと校長先生がしたのだけれど、参加希望者がたったの2人だったで、ポシャッていたのだ・・・・で、今年は無理やり学校行事に・・・

校長・・・息子と同じ、固執体質・・・

息子たち2年生は新川の源流を訪ねて往復30Kmを歩いたのだ・・・・しかも弁当を自分でつくるように・・・って校長直々のご達しがあったそうな・・・3年生は分水まで徒歩・・・まぁ、帰りはバスらしいから、2年生が一番過酷とも言える

親のお手伝いの募集があったので、ツレが申し込み、息子たちと一緒にご苦労なことに30Km歩いた・・・

息子は先頭を自転車で行く先生の後にほとんど走る状態でついていく、運動部猛者たちの先頭グループにいたそうだが、その中に、息子の幼稚園時代からのお友達、大ちゃんがいた

以前、ブログにも書いたけど、大ちゃんは白血病を幼い時に患った・・・そしてお母さんから骨髄移植を受け、今日まで元気で生活している・・・しかし、拒絶反応もあり、ここまで生きてこれた前例がないため、治療が模索されながら続けられている子だ・・・

でも、大ちゃんは、普通の子と同じ生活を送っている・・・とっても細くて、体力もそんなにないはずなのに、その運動部の集団に息子と大ちゃんが混じっていた・・・ってことに驚いた

続きを読む


5月の光の中で・・・ [生活雑記]

気温がぐんぐん上がって、5月らしい天気になりました

まだ、衣替えをしていなくて、夏物を出していない私・・・とりあえずクローゼット代わりの押し入れに吊るしっぱなしにしてある服を着るしかない・・・

朝のうちに病気療養中のお友達にメールをすると、午後から治療で会えないかもしれない・・・と言われたので、授業と授業の隙間に病院へ伺うことにする・・・

メールでは状態がとても悪いと書いてあった・・・

一週間前は元気に会話ができたのに・・・そう思うととても辛い・・・

授業中には家の事やら、友人の事やらはできるだけ顔に出さないようにできるのですが、授業の前に教室に行って、授業が始まるのを待っている間に、サンサンと日がそそぐ窓から外を眺めていたら、生徒が

「先生、なんかあったんですか?」・・・って聞いてきた・・・

あーーーやっぱり心配事は顔に出てしまうのかな・・・

 

お昼休みに友人の病室へ行ってみた・・・ほんとうは面会時間じゃないけど、どうしても一目会っておきたかったので・・・

病室に行って、今日はベットの脇に立って・・・友人の手をとる。ほそ~い指、爪には病気と闘った跡がくっきりと刻まれている・・・

いつも不思議に思うのだけど、病気なのに、彼女の眼はいっつも澄んでいて、とってもきれい・・・白目の部分がそりゃ~真っ白で、美しいのです・・・コンタクトでいじめまくっている私の眼は、いつも血走っていて、情けない・・・

痛みがある友人はまったく食事を受け付けることができない・・・痛み止めを3時間ごとに服用しているそうだ・・・

続きを読む


タグ:病気療養

天国へつづく花園 [生活雑記]

いいお天気でした・・・そして、暖かくなりました

茨城は新潟よりもずっとあったかいのかと思ったのにそうでもなくて・・・・

やはり天候が不順なんですね~~~

病気療養中のお友達の体調は今日はどうだったかしら?

明日は会いに行けると思います。また治療が始まると、大変な1日を送らないといけないんですよね・・・痛みもあるみたいだから、とても心配しています

今日はちょっとはくつろげたらいいなぁ・・・って思っています

 

朝から母の荷物を整理したり、いろいろ調べ物をしたりした後は、市役所へ行って、転出の手続き・・・

介護保険も利用しているし、さらに年金受給者なので、手続きがいろいろあります・・

それでも、予定していた手続きは滞りなくすんで、市役所を出たのが10時半・・・

すぐに戻ってもよかったんだけど、市役所で待っている間に見つけた「国営ひたち海浜公園」のパンフレット・・・

海浜公園は第二次世界大戦のときは日本軍が飛行場として、戦後は連合軍が射爆撃場として利用していた場所でした・・・・そう、一般人は立ち入ることのできない、軍事や戦争のために利用されていた場所・・・

その土地が返還された後に巨大な公園が作られました。遊園地もあります。

その海浜公園が本日に限り、無料で開放される!しかも、現在ネモフィラハーモニーというフェスティバルの最中・・・・

ネモフィラってこんな小さな花たち・・・

ネモフィラ2.jpg

それが450万本植えられていて、現在満開らしい・・・これは見てみたい・・・・

時間があることだし、私はこれを見に行きたいと母に言うと、あのバカでっかい公園を歩けない・・という。じゃぁ実家で待っているか?と聞くとそれも嫌だという・・・

仕方がないので、母には入口のベンチで休んでもらうことにして、私はネモフィラの丘を目指す・・・

公園はお花でいっぱい・・・ネモフィラ5.jpg

公園内のステージでは、高校生たちの軽音楽のフェスティバルをしていました。ネモフィラ4.jpgしかも、高校生たちが企画したB級グルメの出店がいっぱいあって、コンテストもやっている・・・高校生たちが知恵を絞った面白い食べ物があって、時間があれば食してみたかった・・・でも、私はわき目も振らず、ネモフィラの丘を目指す・・・

続きを読む


物はもういらない・・・ [生活雑記]

いいお天気の中、新潟から茨城までドライブ・・・

現在実家に滞在中です!

うちのETCを搭載しているレグナムくん、あまりに古くなって、途中で立ち往生するとかわいそうだから・・・って言って、ツレがレンタカーを借りてくれた・・・

最新鋭のエコカー、インサイト

100515_0941~01.jpgおばさんと、バァさんがドライブするにはかっこよすぎる車ですが・・・・

エコカーってすごいんだね~~~交差点でブレーキ踏むと、自動的にエンジン完全に停止してしまう。そう、バスのアイドリングストップ状態・・・

そして、ブレーキを離してアクセルを踏むと、再びエンジンがかかり、なんの支障もなく走り出す・・・すげーーーー

まぁ、ツレはこのインサイトの乗り心地を自分で確かめたくて、どうやら借りたらしい・・・ってのが本音だと思うけど・・・・明日は早く帰って、この車の乗り心地をためさせろ・・・っていわれています

実家について、まずやったことは掃除・・・あのさ、出かける前にもっと、片付けてこれなかったの!!って叫びたくなるほど、ものが散乱しているんですけど・・・

はぁ・・・老人二人ってほんとうに大変な生活なんだわ~~~って思う

そして、車の処分をお願いしている、父の友人や、ひたちなか市の包括支援センターの方、ご近所の方々に会って、今後のさまざまな手続きやこれからやらなくてはならないことを相談する・・・

夜は母の姉にあたる叔母のおうちにお呼ばれして、ご馳走を食べさせてもらった・・・・

叔母の娘、つまり私の従姉妹も来てくれて、さまざまな話をする・・・・やっぱりいろいろ大変なんだなぁ・・・って思う・・・・

その中で思うことは、本当に大切なものって、本当にわずかなものなんだ・・・ってこと・・・・

私なんて物欲の塊みたいな生き物だから、「これほしい!!」って思ったら是が非でも手に入れなくちゃ気がすまないタイプ・・・

そうやってコレクションして物が家の中にあふれかえっているけど、それって本当に必要なものなんてただの1個もないのかもしれない・・・

こうやって年をとった両親を見ていたり、お引越しをしなきゃならない従姉妹と話をしていたりすると、ほんとうに大切なものなんて、ほんのわずかなものなのだ・・・・

両親にとっても、苦労してローンを払った家でさえ、もう住めなくなってしまった物に・・・車も同じだ・・・

両親はでっかい家にものすごい量の家財道具を背負い込んで住んでいるけど、私の家に来るときはほとんど置いてきた・・・それで、何不自由なく生活しているのだ・・・父なんてのはずっと病院暮らしだから、もっと使っているものなんてのは少ない・・・・

実家を掃除しながら、心に誓う・・・・家に帰ったら物を整理しよう・・・そして、余計なものは買わないようにしよう・・・これから年をとったときに物をいっぱい背負いすぎて、身動きできないなんていやだから・・・少しずつ整理していかなくちゃ・・・・物欲の世界は十分楽しんだから・・・・今度はすっきりと生活する術をみにつけなくちゃ・・・・

物は簡単に整理できるし、買わないっていう選択ができるけど、

どうしても、最後の時まで大事にしておかなくちゃいけないものがある・・・・それが家族と友人・・・・

続きを読む


孤独に耐える人々・・・ [生活雑記]

ほ~~んと寒かった・・・完全に季節が逆戻りしていますよね~~

病気療養中のお友達の調子はいかがかな?病院は温度管理されているとはいえ、やっぱり低気圧とかの影響ってあるから、気になります。

午前中試験前のダメだし授業・・・余裕があるクラスは一人一人と会話しながら、プリントとかをやらす

生徒一人一人を知るための貴重な時間・・・実は大好き・・・勉強のやる気のない子もここで関わることによって、ちょっとずつ変わってくれるからおもしろい

問題山積みの1年生も、だんだん質問ができるようになってきた・・・授業中にも授業が終わった後にも質問に来てくれる・・・わかるととっても嬉しそうに帰っていく・・・頑張れ!一年坊主たち!

授業が終わると、急いで買い物を済ませて、家に戻りしばしの休憩の後、バレエの教えに出かける・・・その後父の病院へ洗濯ものと差し入れのヨーグルトを持っていく・・・

明日から茨城へ行くために、来週水曜日まで病院へ行かないので、どうしても今日中に洗濯ものを届ける必要があったのだ

父は今日は面会室にまで出てきた・・・ずいぶん落ち着いているようだが、何もする気が起きないほど寝ている・・・という。大好きな大相撲も見ているのがしんどいから、寝てしまう・・・

こんな状況は初めてなのでちょっとびっくり・・・その上おなかがすいてショウガナイそうな・・・ヨーグルトだけではたりない・・・ということで、ちょっとしたスナックをほしがる・・・

ところが売店が午後5時で閉まってしまう・・・病院に着いたのが5時を回っていたから、おやつを父に届けるためにはちょっと離れたコンビニまで行かなくちゃならない

父は病院から一歩も出ることができないのだから、おやつぐらい買ってあげたいと思う・・・それにしばらく病院へ行けないのだから・・・というわけで面会が済んでから、おやつを買いにいったん面会室を出る・・・

父が入院しているのは精神病院の閉鎖病棟・・・すべてのドアには鍵がかけられ、もっとも重篤な精神病の患者がはいる病棟だ・・・管理はかなり厳しい・・・

その病棟を出て、エレベーターに乗るために廊下に出ると・・・・廊下に面した窓のところに、多くの女性の面々が張り付いて、私の方を見ていた・・・そう、閉鎖病棟の患者さんたち・・・

こんな見送りと受けたことがたいので、手でも振ったらいいのかな?って思っていたら、見送っていたのは私じゃなかったんだ・・・ってすぐに気がつく・・・

本日退院する女性を、患者さんたちが涙涙で見送っていたのだ・・・

女性は鍵が開けられた病棟を出て、窓に張り付いてる女性たちに歩み寄って、声をかけている・・・

「みんな、元気でね、元気になったら家に遊びに来てね・・・」

これはとっても珍しい光景だなぁ・・・って思ってしまった。精神病患者の方々は他人にあまり興味を示さない・・・自分の中に入っていしまって、外の世界とうまくやっていけなくなるから、精神病・・・とも言えるのだ・・

ところが、この閉鎖病棟の患者さんの多くがこの方との別れを惜しんでいる・・・この人、どんな生活をここで送られたいたんだろう・・・たぶん、他の患者さんにやさしく接していたんじゃないのかなぁ・・・

 

この方のご主人は南方系の外国人の方だった・・・お迎えにいらしていたのですぐに分かった・・

そして、彼女が言った次の言葉を聞いて涙がこぼれそうになった・・・

続きを読む


小さな発見の積み重ね・・・ [生活雑記]

寒い一日でした・・・ほんと、寒かった・・・・

3月下旬のころの気温っていうから、薄いダウンコートをまた出してきた・・・あのさ、もう5月も半ばなんだけど・・・どうなっちゃっているんでしょうね~~~

病気療養中のお友達の調子はどうかしら?ベットにじっとしてなくてはならない治療はもうしばらくかかるのかしらね~~

今週は目いっぱいですが、来週は時間がとれるので、病室に会いに行こうと思っています

ブログを始めてから、ほぼ1年になるんだけど、とにかく毎日更新する・・・って決めている・・・病気療養中のお友達の病気にはお休みがないから・・・私も更新を休まない・・・って決めているけど・・・・

ネタが・・・時々尽きる・・・

・・・・それがダメなんだ・・・って思います・・・そう、毎日何かしらの発見がなくちゃ、成長がないんだよね・・・しっかり生きていればそれだけでもいいのですが、ただただ同じように日常を過ごしていたのでは成長はない・・・と私は思う・・・

小さな発見はそこここに転がっているので、それを発見するために感度を上げておくと、さまざまなことに役に立つ・・・

そう、小さな発見を見逃さないと、ちゃんとバレエも授業もうまくなっていくのだ・・・

今日はバレエのレッスンの帰りに新潟市、小針にあるコメリのとなりにある和菓子屋さん・・・名前は・・・忘れた・・・

そこに梅あんの入ったくずもちを見つけた

小さな話題1.jpg

私は和菓子が大好きで、ほとんど毎日っていうほど食べる・・・食後のデザートはほとんどが和菓子・・・っていうほど和菓子が好きなのです

この梅餡の入ったくずもちはさっぱりしていてとってもおいしいです!今の季節にピッタリ・・・もう少し暑くなってきたら、冷蔵庫でしっかり冷やして食べるとおいしいでしょうね~~~

ここの和菓子屋さん、おこわのおにぎりや、お弁当も売っていて、とてもおいしいんですよ~

またしばらく通ってしまいそうです・・・1個78円でした。またおいしい和菓子を探してみよう・・・・

 

新潟の方々は「薬のコダマ」って言ったら知らない人がいないぐらいメジャーなチェーン店だけど、この店で買い物をすると必ずくれるティッシュ

小さな話題2.jpgこれだよね・・・・

ティッシュのケースの色がさまざまになるけど、コダマのキャラクターはabubuだとばっかり思っていたら・・・・

最近もらったティッシュは違っていた・・・

続きを読む


オバァの人生指南 [生活雑記]

けっこう寒い一日でしたね~~~

しまっていたスプリングコートを引っ張り出して来て、また着て仕事に行った・・・

気温のアップダウンが大きいと、体調を崩しやすくなりますから、みなさまお気を付けくださいね

病気療養中のお友達はしばらく酸素吸入しながらベットにじっとしていなきゃならない治療に入ったようです・・・大変だよね・・・

それでも、文句言ったり愚痴言ったりしない彼女を見習わなくちゃ・・・治療が終われば、体が少しらくになると思います。また落ち着いたら、お見舞いに行きますね・・・オバァの本を持って・・・・

試験前の追い込みの授業・・・ついてくるのが大変だろうに、1年生たち、一生懸命ノートをとって、頑張ってくれています・・・どれぐらい内容を理解しているか確認する時間がとれたので、問題をやらせたら、ちゃんと理解できていたみたいだったので、すこし安心・・・試験まであと2時間、本当の勝負はこの2時間にかかっている・・・・

授業をしっかり検討して、無駄のない時間配分を心掛けなくちゃ・・・・

 

午後から父の病院へ行って、主治医と面談してきました

父の状態からして、認知症ではなく、明らかに精神病には違いないのですが、主治医の見解では完全なる躁病とはちょっと違うような気がする・・・と言われた

いつも常用していた躁病のくすり、「炭酸リチウム(リーマス)」は、父の食事をミキサーにかけなくてはならない時期に、粉にできない薬だったので、もう服用していない・・・と言われた

そのせいか、父の回復状況がいつもの様子と違っています・・・今はどんな薬を服用しているのかは聞かなかったけれど、かなり状態は落ち着いているように思えます

薬の量の調整をしているとのことなので、ここ2週間ぐらい入院して、外泊を何回かしてみて、落ち着いているようなら退院・・・ってことになりそうです・・・その間に住所を移して、なんとか介護度を上げてもらって、介護施設で入浴できるようになるといいなぁ・・・準備が整うまで病院で面倒をみるのは構いませんよ・・・と主治医が言ってくれる・・・

今は自宅でお風呂に入れるにはかなりの困難な状態であると私は思います

父には安心して暮らしてもらいたい・・・そのためにできるだけのことはしてあげたいと思う・・・

主治医との話し合いの後、父に会った・・・表情も落ち着いているし、今日は茨城に帰りたいとは一言も言わず、いつになったら私の家に帰れるか聞いてきた・・・そして、茨城の住所をいつ移すかも聞かれたので、正直に今週移すことを告げた・・・

それに関して、父は何も言わなかったし、病院の不満も今日は言わない・・・むしろ、病院の食事がおいしくて、全部食べていると言う・・・

持参したシルバーカーがアルミ製でかなり軽くできているので、軽すぎてそれが不安らしかったが、それを押しながら歩く練習をする・・・って言っていました・・・この病気になる前から、ずいぶんと怖がりになっている・・・私が父の爪を切ることでさえ不安がる・・・

 

昨日ブログにアップした「沖縄オバァ列伝、オバァの人生指南」の本が届いた

オバァのあっぱれ人生指南―沖縄オバァ烈伝

オバァのあっぱれ人生指南―沖縄オバァ烈伝

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

笑えるって言うより、考えさせられる・・・・・

たとえば「銭とは笑いあえないけど、子供とは笑いあえる・・・」とある・・・

続きを読む


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。